FC2ブログ

Entries

下柳剛ドリームカップ

下柳剛ドリームカップ 長崎少年ソフトボール選手権大会
本校卒業生で阪神タイガース投手の下柳剛投手が主催したソフトボール大会が先月行われました。本日(12月29日)16:00~長崎文化放送(NCC)で大会の様子が放送されます。 是非ご覧ください。

大会当日の様子が全国紙にも紹介されています。

故郷に恩返し…下柳杯ソフト大会大成功
 故郷のちびっ子たちが元気をくれた。阪神・下柳剛投手(39)が主催する「下柳剛ドリームカップ・長崎少年ソフトボール選手権大会」が9日、長崎県の長崎市総合運動公園で行われた。

 故郷長崎の子どもたちのために-。黙々と日々の練習を重ねる傍らでひそかに抱いていた夢が、雲一つない青空の下で現実のものとなった。あいさつ、感謝、助け合うことの大切さ…。野球を愛する故郷の子どもたちのために、何かをしてあげたかった。

 予選を勝ち抜いた12チームが繰り広げた決勝トーナメントは、いずれも手に汗握る大熱戦。決勝戦は延長の末のサヨナラ決着という劇的なフィナーレとなった。

 「みんな上手だね。プロ野球選手を目指してる子もたくさんいるみたいだし、僕らも手抜きはできないと思った。恥ずかしくないプレーをできるように頑張らないと…」

 朝6時半から会場に駆け付けた下柳は、ともにこの大会を運営する母校・長崎瓊浦高のOBとともに自ら会場設営を手掛け、各試合に熱心に声援を送った。表彰式では上位4チームに賞状、副賞を授与。さらに優秀選手の表彰も行うなど、手厚く子どもたちの健闘を称えた。

 記念すべき第1回大会は大成功で幕を閉じた。もちろん08年以降も継続の予定。今回の予選参加チームは、背番号にちなんで42チームだったが、県内には約200のソフトボールチームがあることから、今後は大会規模の増大を視野に入れる。

 「感動するね…」。グラウンドで見せる勝負師の表情は、みじんもなかった。故郷長崎に恩返しができたことが、うれしかった。子どもたちの笑顔が、何よりうれしかった。
                                『デイリースポーツonline』より


2件のコメント

[C508] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C509] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

瓊浦高等学校

Author:瓊浦高等学校
「誠実・和・勤勉」の校訓のもと、知育・徳育・体育の全人教育を基調とし、優れた知性とたくましい実践力を培い、かつ、個性豊かな人間性の育成を目指しています。
 TEL 095(826)1261
 FAX 095(820)5245

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索