Entries

全国高等学校柔道選手権大会長崎県大会

平成25年1月19、20日に小野体育館で
平成24年度全国高等学校柔道選手権大会長崎県大会が開催されました。


結果は
男子団体3位


2回戦 ○ VS 鶴洋 先鋒の津元(1年)が3人抜きの大活躍、次鋒の山田(1年)が相手の大将に勝ち勝利。
3回戦 ○ VS 北陽台 先鋒の朝倉(2年)が1人抜くも代表戦、エース岸本(2年)が勝ち勝利。
準決勝 ● VS 長崎南山 九州新人大会王者の長崎南山に挑戦、平均体重90kgの相手に平均体重
65kgの瓊浦が善戦するも敗退。ただ、しぶとく戦うことができ、高総体ではこの雪辱をチーム全員で誓いました。

男子個人

60kg級
北村 龍虎 3位 準決勝で前年度チャンピョンに判定負け。高総体での雪辱を誓う。
(2年)

山口 勇太 9位 自分の得意技で善戦するも準優勝の選手に力負けし敗退。減量に苦労したのか
(2年) 自分の力が出せずに残念・・・。

本多 聡一郎 9位 3位の選手に対等に戦うものの僅差で敗退。
(1年)

渡辺 厚樹 2回戦敗退 組み合わせに恵まれずに優勝者に2回戦で戦い敗退。
(1年)

73kg級
岸本 優三 優勝 66kg級ながら、1つ上の階級で快進撃!! 決勝は長崎南山の個人73kg級の
(2年) 九州新人大会のチャンピョンを破り優勝。
(3月19日20日に行われる全国大会に出場:日本武道館)

朝倉 裕貴 3位 3回戦で長崎日大の個人66kg級の九州新人大会のチャンピョンを撃破、
(2年) 準決勝でチームメイトの岸本に敗れ3位。

山田 晋之介 1回戦敗退 中学時代からのライバルと対戦、試合をコントロールし指導の反則を取るも、
(1年) 相手の技を不用意に受けてしまい敗退。本人も監督も非常に残念である・・・。

81kg級 篠塚 健太郎 1回戦敗退 ケガから復活、期待していた試合だったが、初戦から準優勝者と対戦、練習不足
(2年) からか思うように攻めれずに敗退。

津元 勝太郎 1回戦敗退 初戦から優勝者と対戦、優勝を目標にしていたので、決勝戦の気持ちで戦う、が・・・
相手が1枚上手、残念だが敗退。

【監督コメント】
優勝者が出たことは非常に嬉しい、3位も2名とよい成績だったかなと思う。
しかし、団体も3位、個人も力負けした生徒が多く、今後の課題ができた。
私も試合のたびに生徒達から沢山の事を学ばせてもらっている。
今後も生徒達と共に闘い成長していきたい、高総体優勝を目指したいと思っている。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

瓊浦高等学校

Author:瓊浦高等学校
「誠実・和・勤勉」の校訓のもと、知育・徳育・体育の全人教育を基調とし、優れた知性とたくましい実践力を培い、かつ、個性豊かな人間性の育成を目指しています。
 TEL 095(826)1261
 FAX 095(820)5245

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索