FC2ブログ

Entries

1年間の集大成

本日5・6hに機械科3年生による課題研究の発表会が実施されました。

課題研究発表会① 課題研究発表会② 課題研究発表会③
課題研究発表会④ 課題研究発表会⑤ 課題研究発表会⑥


課題研究発表会を終えて、発表してくれた3年生にインタビューをしてみました。
●CAD班
Q:研究が上手くいかなかったとき、どのように対処したのですか?
A:まぁ、上手くいかなかったことがあまりなかったのですが、克服するためにテキストを読み返したり、それでも分からないときは先生に尋ねたりしました。

A:実際に研究して、何を学びましたか?
Q:手でする製図よりも、CADでやった製図の方が簡単に書けたり、楽だということを学びました。


●超軽量飛行機班
Q:製作するときに大変だったことは何ですか?
A:少しでも間違えたら飛ばなくなるし、材料のバルサ材は折れやすいので、何回も作りなおさなければならなかった所が大変でした。

Q:超軽量飛行機を作って、何を学びましたか?
A:超軽量飛行機を作ってみて、少しでも間違えてしまったら上手く飛ばないので、1つの飛行機を製作するに、どんな部分でも大切にしなければならないと学びました。


●検定班
Q:課題研究で苦労したことは何ですか?
A:1学期に5つの検定を受検したので、それに向けての対策に苦労しました。とくに難しかったのが計算技術検定1級の回転体の問題です。

Q:最後に、後輩へのメッセージをお願いします。
A:できるだけ多くの資格を取得し、ジュニアマイスターを目指してください。また、課題研究の研究テーマを選ぶときは、適当に選ばずに、本当に興味のあるものを選ぶようにしてください。

※ジュニアマイスターとは?
将来の仕事や学業に必要と考えられる国家職業資格や各種検定、及び各種コンテストの入賞実績をジュニアマイスター顕彰制度委員会(委員長・栗村知 福島県立福島工業高等学校長)が独自に調査・認定して、点数化したものを全国工業高等学校長協会から各工業高校に紹介し運営しています。
 この制度には、現在120以上の職業資格・検定と約60のコンテストが登録されており、その中から生徒が在学中に取得した職業資格や各検定の等級、参加したコンテストに対して得た点数の合計によって、30点以上を『ジュニアマイスターシルバー』、さらに45点以上の特に優れた生徒には『ジュニアマイスターゴールド』の称号を贈っています。
全国工業高等学校長協会ホームページより転載

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

瓊浦高等学校

Author:瓊浦高等学校
「誠実・和・勤勉」の校訓のもと、知育・徳育・体育の全人教育を基調とし、優れた知性とたくましい実践力を培い、かつ、個性豊かな人間性の育成を目指しています。
 TEL 095(826)1261
 FAX 095(820)5245

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索